COMPANY 企業情報

セキュリティーコンサルタント&プランナーLICENSE

セキュリティー・コンサルタント

  • 全国警備業協会認定資格。
  • 平成24年3月より開始。
  • セキュリティ・プランナーの上位資格。

セキュリティ・コンサルタントの役割は、企業や個人を取り巻く様々なリスクを高所から捉え、警備業の範ちゅうに限定されない様々な知見をもって多方面の専門家とともに顧客のリスク低減策を立案・実行するための支援や助言を行うことです。
コンサルティングの対象となる顧客を取り巻く様々なリスクを広く把握しながら、企業経営や国民生活にかかわる防犯・防災等に係る合理的な対策の策定、実行を支援することによって、リスクを低減させ、もって社会公共の安全に寄与する者をいいます。

資格取得者インタビュー

セキュリティ・コンサルタント(全国で124名)2019年3月現在

代表取締役副社長 後長 佑

先輩 写真 01

私がセキュリティ・コンサルタントを取得させて頂いたのは平成27年になります。当時は資格者が全国で80名くらいという狭き難問でしたが、自分自身へのチャレンジをしてみようと受験したところ合格をさせて頂きました。喜びと同時にこの資格の重要性や責任の重さを感じたのを覚えています。個人の資格ではありますが、本資格の目的と役割から考えると社会的責任のある資格であり、警備業の発展の為に尽力を尽くしていかなければならないと思っています。今現在は通常の業務の中での活用に限定されていますが、今後はセミナーや警備業全体の発展に繋がる活躍を目指しています。

セキュリティープランナー(全国で約3300名)2019年3月現在

  • 全国警備業協会認定資格。

防犯・防災を主に、警備対象ごとの最適な安全を実現するためのプランを策定、提案、実行するスペシャリストです。 セキュリティ・プランナーの役割は、各種警備業務の内容を十分に理解したうえで、それらを適切に組み合わせることによって、顧客に対して全体最適な警備計画を策定していくことです。

資格取得者インタビュー

セキュリティープランナーを取得して

馬庭 雄一

先輩 写真 01

セキュリティープランナーを取得しようと思ったのはまずは自分自身の警備業全般の知識を高めたかった事でした。その中で学んだ事や今後の警備業と社会との関わりを考えたときに顧客や地域等の安全安心を求めるあらゆるニーズに応えることで、社会の中で無くてはならない存在にしたいと思いました。その為には今後、本資格を活かした安全安心の提案型のプランニングを積極的に行っていく事と、新たなセキュリティープランナーの育成にも力を入れ明るい未来に繋げる一躍を担っていきたいと思います。

実行するスペシャリストを目指し頑張ります

河内 力丸

先輩 写真 02

警備は誇りをもって頑張れる仕事であり警備のスペシャリストを目指しこの業界に入りその中で会社から受講する機会を頂き平成28年に資格を取得しました。今後は警備対象ごとの最高の安全を実現するためのプランを策定、提案、実行するスペシャリストを目指し頑張ります。

「取得した」の満足で終わらない

松林 賢史

先輩 写真 01

平成30年2月に取得しました。警備業務の経験はまだ浅いですが、取得できたのは自分なりに現場経験やプランを作成する為の打合せなどに積極的に参加した結果だと思います。 また同年の10月には防犯設備士も取得し更にプランナーの資格を生かせるようになったと思います。「取得した」で終わらず「どう活かすか」という思いで皆様に信頼していただけるよう一層努力いたします。

培った経験を生かしていきたい

松井 久友

先輩 写真 01

お客様へ最適なプランの策定、提案ができるように専門的知識を学びたいと考え、平成27年に取得しました。様々な警備依頼に基づき、最適な安全・安心な環境が提供できるよう尽力しています。社会、最新の知識・技能を習得していかなければ安全な環境を構築するのは難しくなってきます。培った経験を生かし、警備業に携わる一員として社会から評価されるように努めていきたいと考えています。